未来を創る最先端技術産業動画集

未来を創る最先端技術産業動画集
BtoB事業者のための動画制作相談サイト「ムビプロ」
BtoB事業者専門の動画制作相談サイト「ムビプロ」

制作会社の選定から相見積もり、専門的な業界に合わせた要件など、丁寧にヒアリングし、発注の準備から制作会社のご紹介まで全て「無料」でご支援します!

動画制作を相談する

未来を創る最先端技術産業動画集

1. 海外企業の最先端技術産業の動画事例

今回は、海外企業の最先端技術産業の動画事例を紹介していきます。
最先端技術は国境の枠組みにとらわれない分野として欧米や東アジアなど世界各国で研究開発がされています。
海外の企業は、日本国内の企業にはないアイデアで勝負している企業も多く、自社動画においても例外ではありません。
きっと自社における様々な動画制作の大きな参考になるはずです。
それでは紹介していきましょう。

1-1.ベーカーヒューズ:「Welcome to Druck」

1本目は、ベーカーヒューズの「Welcome to Druck」の動画から。
同社は、世界中への原油や天然ガスなどのエネルギー供給と各産業界へのソリューションを提供しているアメリカのエネルギーテクノロジーカンパニーです。
その規模は大きく、日本を含む世界120カ国以上で事業を展開する多国籍企業でもあります。

動画はドラック製の圧力センサー並びに校正器、それに伴う主なアプリケーションの紹介です。
日本での事業展開を行っているため、日本語の字幕も用意されているのでわかりやすい内容となっています。

ファーストインプレッションとして、動画全体の雰囲気が良い点が挙げられます。
部品として使われる製品を飛行機や車内のシステムに組み込み、CGアニメーションを駆使してクールな動画に仕上げてあるのが特徴です。

さらに製品だけでなく、それらを制御するためのアプリケーションの紹介も行っています。
動画を通じて色味を統一し、近未来感を視聴者に与える演出は秀逸といえるでしょう。
このような感性は日本にはない、海外動画ならではです。

動画の世界に国境はありません。
世界中の様々な企業やそれらの動画の制作者の感性を参考にし、日本国内でも自社や製作者自身のテイストを組み合わせることで、よりよい動画が制作できるでしょう。
クールな内容が光る海外動画です。

1-2.サーモフィッシャーサイエンティフィック:「Step Beyond」

2本目はサーモフィッシャーサイエンティフィックの「Step Beyond」から。

同社は、アメリカの東部、マサチューセッツ州に本社を置く科学機器、試薬、科学サービス企業です。
世界に8万人超の従業員を擁し、300億ドルを超える収益を上げている巨大企業として知られています。
2006年にThermo Electron社とFisher Scientific社が合併したことによって誕生した企業でもあり、化学を中心とした科学関連の業務に携わっている方や大学で化学を専攻している方におなじみのメーカーです。

ご紹介する動画は、会社紹介動画になっています。

世界的な企業だけあり、従事しているスタッフは多種多様。
人種や老若男女問わず、様々な人物を登場させているのが特徴です。

映像技術の面では、一定のタイミングで人物を後ろから撮影する映像を入れ、視聴者に対して切り替わりの意識を促しています。

科学に貢献し、顧客のニーズを予測し、常に最先端を進むこと。
科学技術を今よりもさらに前進させ、同社が目指す姿をしっかりと表現している動画です。

1-3.アドバンテック:「産業用モニタを導入する3つのメリット」

3本目は、アドバンテックの「産業用モニタを導入する3つのメリット」動画から。

同社は、台湾のマザーボード(基盤)や産業用コンピューターのメーカーです。
1983年設立と、この分野では比較的歴史のある企業で、日本を含む21カ国71都市に販売拠点を置いています。

ご紹介する動画は、モーショングラフィックスを駆使した内容となっています。
産業用モニタを導入するにあたってのメリットを3つ説明し、メリットやデメリットを対比したアニメーションを合わせることで、産業用モニタの違いについてアピールしている内容です。

生産ラインで使用される産業用モニタということもあって、動画内でも工場内のベルトコンベアなどの構造をうまく利用し、動画の中に組み込んでいるのが特徴です。
また、映像だけでなく効果音(SE音)にもこだわっており、ポップなものを採用して、リズムと小気味いい音声の動画に仕上がっています。

自社では産業用以外にも民生用のモニタ製造も手掛けています。
そのため、両者のメリットとデメリットを理解し、顧客へ的確に伝えている内容は、参考になる企業も多いのではないでしょうか。
良い面だけでなく、悪い面もきちんと伝えることは、企業として正しい姿ともいえます。

テーマにこだわった内容の動画事例です。

1-4.ASML:「ASML in 1 minute」

ASMLは、オランダに本拠地を置く、世界的な半導体製造装置メーカーです。
かつては日本のお家芸であった露光装置と呼ばれる分野で世界の8割を超えるシェアを持っており、半導体製造の将来を握る企業として君臨しています。

そんな同社の業務内容をたった1分で説明しているのがこの動画となっています。
半導体製造メーカーの工場内からスタートし、具体的にどの部分を製造しているかを解説、そして自社の製品の利用範囲を説明しているのも印象的です。
加えて、従業員をスピーディーに紹介しています。
たった1分で、ASMLがどのような企業であるかをスムーズに紹介しており、わかりやすいのが特徴です。

1-5.Beckhoff Automation Deutschland:「XPlanar」

ベッコフオートメーションは、ドイツの西部、フェルルに本拠地を置くオートメーション機器の分野の大手企業です。
産業用PC、各種フィールドバス対応I/O、ドライブテクノロジ、自動制御ソフトウェアTwinCATといった、産業のオートメーション化に貢献する様々な製品やサービスを提供しています。

動画は、同社の最先端機器「XPlanar」という製品をPRする内容です。
この製品は電磁力により浮遊させた可動部を、平面タイルの上に浮かべて自由に動かすことが可能な、リニア搬送システムです。
浮遊するお皿のような機器が産業で使用される様々な部材を輸送するという画期的な製品となっています。
冒頭のシーンで浮遊する同じ製品は実写動画にも関わらず、まるでCGを見ているような内容となっています。
一部CG動画を使っているような演出も見られますが、実際に画期的な製品化を知らしめるには十分な内容です。
たった1分の動画ですが、産業のオートメーション化に対して、いかに画期的なシステムかを知らしめるには十分といえるでしょう。

2. なぜ最先端技術産業で動画が必要なのか?

ここでは改めて、なぜ最先端技術産業で動画が必要なのかを解説していきましょう。

2-1.コストを抑えた広告

先端産業は、自社の製品をアピールする必要があります。
しかし、基本はBtoB企業向けの製品を紹介するため、繁華街に大きな広告を出したり、テレビコマーシャルを出したりといった広告では費用対効果が悪すぎます。
ピンポイントに顧客へ自社の製品を紹介するには、動画制作を行って、YouTubeなどの動画プラットフォームや自社サイトでの公開が有効です。
しかも、コストにフォーカスすると、冒頭の手段に比べて非常にローコストな広告を展開できます。
わずかな広告費であっても技術開発費に回したいもの、そう言った意味でも動画制作を通じたPRは、コストを抑えた広告手段といえるでしょう。

2-2.顧客の取りこぼしの予防

非常に優れた技術を持っていても、知る人ぞ知る企業という言葉は、最先端産業企業において決して誉め言葉ではありません。
顧客となる企業が自社の製品を知らずに、ライバル企業の同等製品を導入してしまったとしたら、大きな問題です。
そう言ったことを回避する意味でも、顧客見込みの企業に対して、自社の製品も検討に入れてもらうのは有効といえるでしょう。
こういった手段として有効なのが動画制作なのです。

3. 最先端技術産業に求められる動画内容とは?

最先端技術産業における企業は、どのような動画内容で制作すればいいのでしょうか。
ここでは、その重要な部分といえるポイントを紹介します。

3-1.未来にむけての「希望」を作り出す

最先端産業に関わる企業は、いわば希望ある未来を世界に広げることが使命といっても過言ではありません。
そんな希望が伝わる内容を動画に組み込みのがおすすめです。
これまでになかった技術や今後どのような未来を自社製品によって呼び寄せるのかといった内容がそれに当たるでしょう。

3-2.業務内容を伝えて投資を呼び込む

自社の製品がいかに優れていても、投資家や顧客企業が理解できなくては意味がありません。
しかも、1分でも惜しいビジネスマンに自社の製品やサービスを伝える必要があります。
こういった相手に対して、短時間で自社の業務内容を伝えるには、膨大な資料や長大な動画ではなく、短時間でそれとわかる内容が求められます。

3-3.有効な企業マーケティングにつながる動画

技術で優位性があっても、製品やサービスが売れなければ意味がありません。
特に言葉の通じない海外企業への販路を広げることが宿命づけられているこの分野にあっては、言葉が分からなくとも伝わる内容であることが必要です。
そういった言葉によらないマーケティングには、動画が不可欠であり、わかりやすい内容が最低条件といえるでしょう。

3-4.映像制作会社とのタイアップが不可欠

これまで解説してきた動画は、端的言えば内製化は不可能です。
最後に紹介したベッコフオートメーションのシンプルな動画であっても、映像の演出が秀逸であり、内製化されたものではないでしょう。
そのため、専門性の高い映像制作会社の協力は、必要不可欠です。
海外向けを意識した内容も求められるため、ノウハウのある制作会社に依頼するのがおすすめです。

4. まとめ

最先端産業は欧米や東アジアにおいて、特に活発な動きを見せています。
これらの動きとして動画による展開も見落とせない存在といえるでしょう。
今回は、参考になるであろう最先端産業の動画事例を紹介しました。
海外企業と競争するための手段として、これらの動画に匹敵する動画を専門企業との協力によって制作してみてはいかがでしょうか。

BtoB事業者のための動画制作相談サイト「ムビプロ」
BtoB事業者専門の動画制作相談サイト「ムビプロ」

制作会社の選定から相見積もり、専門的な業界に合わせた要件など、丁寧にヒアリングし、発注の準備から制作会社のご紹介まで全て「無料」でご支援します!

動画制作を相談する

Leave Your Comment

CAPTCHA