コンサルティング企業のための 動画制作会社紹介
Movi Pro

コンサルティング企業のための
動画制作会社紹介


事業再生、新規事業開拓、分析、経営の提案など、無形商材である「コンサルタントの利用」を分かりやすく可視化させ、コンサルティングサービスを訴求するコンサル業に特化した動画制作会社をご紹介します。

ビデオ紹介はこちら

How to use MoviPro

ムビプロとは?

Movie Production Service

BtoB企業の実績に特化したプロの動画・映像制作会社をご紹介するマッチングサービス
掲載NG・非公開実績も含めたリストからコンサルティング企業の動画制作の実績豊富な制作会社・プロクリエーターを厳選しご紹介!

5,682社登録

お問い合わせはこちら

コンサル業に特化した動画制作オススメの理由

なぜコンサルティング業に強いのか?

クリエイティブコンサル
01

営業ツールとしての理解促進

リード獲得・クロージングの施策として営業マンの提案スキルのばらつきという課題があります。
コンサル業は具体的な業務について見込み顧客が理解していない面があり、動画で自社のサービス内容を映像を交えて紹介すれば、営業マンのスキルに左右されることなくクライアントが理解し、自社サービスの理解促進へとつながります。

お問い合わせはこちら
有望な人材の採用
02

有望な人材の採用

ヒット商品を生み出したり大量の製品を生産するのではなく、企業の課題をアイディアと知識で解決する、いわゆる無形サービスがコンサルティング、そのサービスの核となるのが「人材」です。
事業内容を映像でわかりやすく、かつスタイリッシュにブランディングも兼ねた映像で興味関心を引く映像をご紹介します。

お問い合わせはこちら
豊富なBtoB企業の動画制作実績
03

会社ブランディング事業紹介

総合系コンサルティングファーム / 戦略系コンサルティングファーム / 財務系コンサルティングファーム・FAS / 人事系コンサルティングファーム / 医療系コンサルティングファーム / 再生系コンサルティングファーム コンサルの中でもジャンルの違いについて短時間で分かりやすく説明し、自社の強みを伝える事業紹介、さらには信頼感を与えるブランディング映像がおすすめです。

お問い合わせはこちら

コンサルティング企業 動画制作事例サンプル

コンサル業における効果的な動画表現として下記のサンプルをご紹介します。
サービス説明映像(営業ツール動画) / 事業紹介(ブランディング)映像/ WebCM / タクシー広告 / 採用向け映像

サービス説明映像

参考価格:100万円~200万円

事業紹介映像

参考価格:150万円~300万円

WebCM・タクシー広告

参考価格:150万円~300万円

採用向け映像

参考価格:100万円〜200万円

効果的な動画に仕上げるためのポイント

Effective Movie

ご利用の流れ

簡単ステップ

実績・プロフィール登録

1. お問い合わせ・ヒアリング

下部のお問い合わせフォームにてご検討内容をお教えください。 いただいた情報をもとに記者にぴったりな動画表現や実績を持つ制作会社・クリエーターをご紹介いたします。
→詳細の要件が決まっているお客様はこちら https://movipro.jp/ask/

テレカン

2. 実績・費用感ご提案

数パターンの候補を検索後改めて担当よりご連絡差し上げます。
ご検討内容に近い実績やおおよその費用感、おすすめの表現方法などをご提案差し上げます。

企業選定・ご紹介

3. ご発注

提案内容をご検討いただき、ご発注または見送りの可否をご連絡ください。
また、内容によっては詳細企画のご提案を差し上げることも可能です(*別途費用が発生する場合もございます)。

紹介企業の選考・決定

4. 制作開始

初回は貴社とムビプロコンシェルジュ、制作会社でオリエンミーティングを実施。動画制作の方向性や内容をすり合わせし以降はお客様と制作会社にてやりとりを行います。
*コミュニケーションツールとして無料で利用できるメール・チャットワーク・Slackのいずれかを推奨させていただいております。

その他BtoB企業取引実績多数

多くの企業さまにご利用頂いております

IT動画制作

IT

「IT系のサービス利用」を分かりやすく可視化させ、実写やアニメーションを使ったコンセプト動画を届けるコトで、見えづらいITの仕組みやイベント主旨への理解を確実なものにしています。
製造業・工業動画制作

製造業・工業

製造業に特化した動画制作は、工場の得意技術・製品情報を引き出し、問い合わせに繋がるシナリオ構成から動画制作を行っています。切り出した動画を営業ツールとしても活用できます。
建設業動画制作

建設業

完成後の予想図を3DCGで表したり、建築プロセスを映像化したりすることで、クライアントからの理解がより深まるでしょう。立体感のある3D動画はリアリティがあり、建築用動画として活用されるケースが多くあります。
金融・不動産動画制作

金融・不動産

業界独特の複雑なビジネスモデルを分解し、アニメーションなどで分かりやすくすっきりと見える動画制作を行います。映像表現や用途から条件を絞り込み制作できます。

公官庁・インフラ動画制作

公官庁・インフラ

インフラ・官公庁の研究テーマなど、スマートフォン普及・デジタル技術の進展による顧客接点改革として動画は最適な手段です。アニメーションを用いることで、難しい題材を、キャッチーに仕上げています。

よくあるご質問

FAQ

サービス内容について詳しく教えてください
ムビプロ(MoviPro)は、動画・映像関連のお仕事の外注先や発注先、ビジネスパートナーを無料で探すことができるマッチングサービスです。 複数の企業から、条件にピッタリ合った発注先を探しだすことができます。 業種別に企業へ見積もり依頼を一括で行うことができるので、一度のご相談で複数企業から実績資料、お見積もりが届きます。ご紹介は何度使っても無料です。
動画制作には自社のスタッフを出演させなければいけませんか?
予算や表現内容によって必ずしも出演させる必要はございません。モデルをキャスティングしつつエキストラで出演される方は社員の方を出演させることでコストを抑えることも可能ですし、アニメーションで表現することで肖像権などの問題も気にする必要はございません。
納品を急ぎたいが、どの程度の制作期間がかかりますか?
実写ベースでの表現の場合、企画ご提案から撮影準備〜撮影〜編集〜修正作業など含めおよそ2〜3ヶ月が相場となります。アニメーションの場合は1.5〜2ヶ月ほどの目安となります。 お客様の方であらかじめ構成やデザイン素材などをご用意いただいたり、修正回数を抑えることでコストや納期を圧縮することも可能です。
既存メディアのコマーシャルと動画プラットフォームの両方で使える動画を制作することはできますか?
可能です。15秒や30秒といった長さのテレビ枠のコマーシャル動画の制作もお任せください。また、そこから派生して長さを伸ばした動画プラットフォーム向けの動画制作も可能です。
どういった動画が適切かわからないのですが…
まずはお問い合わせください。15分〜20分程度の電話またはオンラインミーティングによりコンシェルジュが漠然とした課題を具体的な形にさせていただきます。要件をこちらでまとめさせていただき、条件に対応できるクリエーターや制作会社のプロフィールをご紹介します。 また、お客様と制作会社の間にプロデューサーが介在し、カメラマンやエディター、アニメーターをとりまとめて制作を伴走する「funu」という動画制作サービスもございます。 funuはこちら

動画映像専門メディア

BtoB Marketing Media
BtoB企業向けの採用・リクルート動画の料金相場や事例の紹介

目次 1. BtoB企業は採用やリクルートを募集するうえで不利 2....

Read More
動画制作におけるアイデア出しがうまくいかない理由と出す方法

目次 1. 動画制作のアイデアが出ない理由 2. 動画制作のアイ...

Read More
【費用対効果抜群!】コンセプトムービーのメリットとは

目次 1. コンセプトムービーとは 2. なぜコンセプトムービー...

Read More

動画制作会社ご紹介はこちらから

発注先探しや見積もりのご依頼のほか、動画制作に関するご質問もお気軽にお問い合わせください。

オススメ動画・映像制作会社をコンシェルジュが丁寧にご紹介します!


  • 完全無料

    制作の相談や制作会社の紹介など、全ての機能が無料です。
  • 営業電話は一切なし

    一括見積もりサイトのように業者から無駄な営業電話が来ません。
  • 丁寧な対応

    専任コンシェルジュが丁寧に課題をヒアリング。上場企業から個人事業主まで、幅広くご利用いただいております。
動画制作無料掲載申請

動画制作会社ご紹介フォーム

営業時間:10:30~19:30 (土・日・祝日・年末年始除く)

    お役立ち資料ダウンロード

    動画・映像制作の見積もり・発注の際に役立つ資料を公開しています。
    簡単に無料でダウンロードすることが出来ます。ぜひご活用ください。
    動画制作で失敗しないための7つのコツ

    【発注者向け】動画制作で失敗しないための7つのコツ

    • 1. 発注する前に準備しておくこと
    • 2. 自社に合った制作会社の見極め方
    • 3. スムーズに納品してもらえるように
    • 4. コストを抑えるために
    • 5. 基本的な見積もりの項目内容
    • 6. トラブルになりやすい原因集とその対策
    • 7. おわりに